電動鼻水吸引器を使用するときの注意点

電動鼻水吸引器には乾電池を利用するハンディタイプと、ACアダプタを利用する比較的大きな据え置きタイプがあります。価格や使用目的によって購入する機種を検討しましょう。ハンディタイプはコードレスのため場所を選ばずに使うことができます。また、コンパクトな形状であるので携帯性が高いのでお出かけ時におすすめです。吸引力は据え置き型と比較すると弱いものですが、水分の多い鼻水を吸引するには十分であるといえます。据え置き式のタイプは、ハンディタイプに比べて吸引力が高く、粘り気のある鼻水も比較的吸引しやすくなっています。吸引力の調整もすることができるようになっている物が多く、もう少し強さが欲しい場合などに便利です。どちらの電動鼻水吸引器を使用する場合にも、注意するべき点がありますので、正しい使い方をしてお子様の快適さを守ってあげましょう。

使用中の姿勢を正しくすることが重要です

電動鼻水吸引器は、主に小さなお子様に使用する機械です。もちろん大きくなったお子様でも、あるいは大人が使用しても問題ないのですが、小さなお子様は自分で使うことができませんので、保護者の方が正しく使ってあげることが重要です。お子様が乳児の段階では、保護者の方が抱きかかえるようにして頭を支えてあげる姿勢が良いです。この時にノズルを差し込むことを嫌がってしまい、体を動かしてしまうと使用しにくいので、その場合は横に寝かせて頭を膝の間から出して固定してあげると安全です。もう少し成長した幼児のお子様では、じっとしているように伝えてあげることでも大丈夫ですが、やはり嫌がった場合には頭を支えてあげることが重要です。またノズルを必要以上に差し込んだり、痛がったりした場合には、一度吸引作業を止めましょう。

使用後の清掃作業はとても重要です

鼻水の中にはさまざまな細菌やウィルスなどが潜んでいます。それをすっきりと取り除くことは、お子様の健康状態の改善につながることが期待できます。もちろん。電動鼻水吸引器を使用した後の清掃作業も、次にまた清潔に使用するためにとても重要です。直接鼻の穴の中に差し込むことになるノズルや、吸い込んだ鼻水が通過するホースや本体などは、使用後に洗えるところは取り外してきちんと清掃しておきましょう。また、何人もお子様がいらっしゃる場合には、ノズルの使い回しはしてはいけません。観戦が広がる可能性がありますので、面倒でも一度使用したノズルはきれいに洗って消毒するとか、それぞれのお子様専用のものを用意してあげると良いでしょう。大人が使うことももちろん良いのですが、その場合も使用後の清掃をきちんと行うことが重要です。清潔に気をつけて、常に快適に使用できる状態を保っておきましょう。