形もいろいろある電動鼻水吸引器

赤ちゃんや乳児の鼻水を吸引するのに便利な、鼻水吸引器には、手動のものや電動のものなどさまざまな種類が市販されています。口で吸引する手動のタイプは、薬局やスーパーなどでも購入できるため、すでに持っているという人も多いかもしれません。ただ、ネバネバした鼻水を吸引するには、圧力の高い電動鼻水吸引器の方が、簡単に吸い取ることができますから、おすすめです。電動鼻水吸引器といっても、さまざまな形や大きさがあります。電動鼻水吸引器は大きいものが多いため、携帯には不向きなものが多い中、ハンディタイプの電動吸引器もあります。ハンディタイプなら、手動のコンパクトさと電動の吸引力の特徴を持っていますから、便利です。また、電動の据え置きタイプは、圧を調節することができるものが多く、耳鼻科で吸引するのと同じような効果が期待できます。

おすすめの鼻水吸引器のポイント

鼻水吸引器を選ぶ場合、どのような点に注意すればいいのかわからない人も多いと思いますが、どれか迷った場合には、電動の鼻水吸引器がおすすめです。その際のポイントとしては、手入れの簡単さや手頃な価格、十分な吸引力があげられます。鼻水にはウイルスが含まれていますから、きちんと掃除をしないとウイルスに二次感染してしまう可能性があります。そのため、手入れが簡単なものを選ぶことが大切です。また、1000円前後の安い金額で購入できる手動タイプとは違い、電動の吸引器は高額になってしまいますが、あまりにも高額なものはなかなか手が出ませんから、お手頃な価格のものを選ぶとよいでしょう。ただ、手頃であっても、吸引力が弱いと意味がありませんから、十分な吸引力のあるものを選ぶようにしましょう。

口で吸うタイプよりも電動タイプをすすめる理由

手ごろな価格で購入することができ、コンパクトで携帯も便利な口で吸うタイプの手動吸引器は、メリットもありますが、親がウイルスに感染してしまうリスクもありますし、粘り気のある鼻水を吸引することができないというデメリットがあります。一方、電動の鼻水吸引器の場合は、直接口で吸引するものではありませんから、二次感染することもありませんし、一定の吸引力があるので、粘り気のある鼻水も簡単に吸い取ることができます。電動の吸引器は、耳鼻科にある吸引器を小型化したもので、吸引力も強いため、これから購入しようという人にはおすすめです。ハンディタイプの電動吸引器は口で吸う代わりに電池を入れて使用するため、携帯に便利ですが、吸引力の調節ができないものが多いため、迷ったときには据え置きタイプをおすすめします。