使いやすい電動鼻水吸引器の特徴

乳児や幼児などの小さな子供の鼻水は、これまで、綿棒で取ることや、主に母親が直接口で吸ってあげたり、安心できる方法としては耳鼻科で吸い取ってもらうことが行われていました。現在では、様々な機器が販売されており、タイプとしては、手動によるものと電動によるものとの2つに分けることができます。それぞれに特徴があり、例えば、手動タイプの場合には価格が安いために手軽に利用できるメリットがある反面、吸引にどうしても個人差が出てしまうことがあり、特に、口で吸うタイプの吸引器の場合には、乳児などでは強く吸った場合に鼓膜への悪影響や二次感染のリスクもあります。一方、電動タイプは吸引に関して能力が高く、安定して利用することができます。最近では、軽量タイプの電動鼻水吸引器も販売されており、より、利用しやすくなっています。

使いやすくなった据置型の特徴について

電動鼻水吸引器には、大きく、据置型とハンディ型の2つがあります。据置型の特徴は、何といっても吸引力が高いことがあり、実際に耳鼻科で使用されている機器と同等の機能を持つものも多数販売されています。難点としては、価格が高いことと、重量があるために持ち運びしにくい面があります。据置型では、最近ではより軽量の使いやすい機器も販売されており、特徴として、従来型と比べて、コンパクトに作られている点があります。吸引力はそのままに機能性を充実させた商品も多く、吸引力やノズルの調整が可能となっているものや、丸洗いが可能となっているもの、持ち手がついているために乳児を抱きながら準備ができるものもあります。難点としては、価格面があり、商品によって違いはあるものの、概ね、20,000円程度の値段が付けられています。

持ち運びができる電動タイプの特徴について

持ち運びができる電動鼻水吸引器を求めたい場合には、ハンディタイプを選択することになります。ハンディタイプは、動力には乾電池を使用しており、コンパクトな作りになっているためにバックなどに入れ持ち運びをすることができます。また、価格面においても、概ね5,000円程度から購入をすることができます。ハンディタイプの特徴は、非常に小さいために片手でも使えることがあります。乳児を抱きながらでも簡単に使用することができ、ボタンをワンタッチするだけで吸引を行うことができます。据置型とは異なり音が小さいことも特徴の1つにあり、外出先でも場所を選ばずに利用することができます。難点は、手動式に比べた場合にはもちろん吸引力はあるものの、どうしても据置型に比べ劣ることがあり、粘着性の高い鼻水では取り切れない場合があります。ハンディタイプは、デザイン性が高い商品も多く、一般的なスティック型から、最近では球体型のかわいらしいものも販売されており、選ぶ楽しみもあります。また、細部まで洗浄できるものや煮沸消毒ができる商品もあり、選択幅が広いことも特徴となります。